ライブチャットでは会話を楽しむ

ライブチャットを利用している女性は一般女性ではありません。
ライブチャットでは会話を楽しむイメージチャットレディ―と呼ばれる人で、チャットをしてお金を稼ぐ事を仕事をしている人達です。
その事を聞いてあなたはがっかりするかもしれません。
なんだお金が欲しくて男性をチャットをしているのか・・・・と。
しかしながら考えてみて下さい。
キャバクラだってあなたは若くて可愛い女の子とお喋りをしたくて、わざわざ高いお金を払ってキャバクラへ行っているわけです。

お酒を飲みたいだけなら飲み屋に行けばいいわけです。
女性との会話を楽しむのにお金を払って何がいけないのでしょうか?
需要と供給が一致しているからこそ商売は成立するわけです。

女性の中にはいかにしてお金を稼ぐか、そのためにもう少し話したら服を脱いでもいいのに・・・・という感じでライブチャットの時間を引き延ばそうとする女性もいます。
しかしその手の女性とは関わらない事が賢明です。

お金のためにライブチャットをしているのだとしても男性の事をお金を払ってくれる人、お金を稼ぐための道具としてしか見ていません。
そうではなくお金を稼ぐ事が目的だとしても、自分と話ためにお金を払ってくれているんだから、その分相手を楽しませないとと考えるプロ意識が高い女性を選びましょう。

そしてライブチャットでは基本的に服を脱いでもらいたいと思っていても最初からいきなり脱ぐという事はまずありません。
基本的に会話を楽しむ事が出来て、その後にようやく服を脱いでもらえる可能性があるわけです。
そのためまずは会話を楽しむ事に重点をおいてライブチャットをするようにしましょう。

ライブチャットの下着をめぐる駆け引き

ライブチャットを楽しむ上では、やはり「駆け引き」が必要になります。
基本的に、女の子の下着を見せてほしいという目的は、主に「アダルト系ライブチャット」のテリトリーということにはなると思いますが、しかし、「ノンアダルト系ライブチャット」であっても、下着くらいは割と平気で見せてくれるという女の子も意外と少なくありません。
ライブチャットの下着をめぐる駆け引きイメージですから、男性にとっては、相手の女の子の下着姿(もしくは下着の一部を見る)は、「ノンアダルト系ライブチャット」における最大のイベントということになるでしょう。

しかし、ノンアダルト系ライブチャットの場合は、女の子のほうが下着姿を拒否することもできますので、そういう気分ではない状況では、女の子に拒否されてしまうというケースも少なくないのが実際のところです。

そこで男性は、あっさりあきらめてその日はそれ以上を望まないという人もいますし、そこから先もさらに食い下がって、女の子の下着姿にありつけたという話もけっこう耳にします。
このあたりはまさに「駆け引き」ということになるでしょう。

その日ダメでも次回もう一度同じ女の子でチャレンジして、めでたく下着姿にありつけたというケースもあれば、しつこく食い下がって通報されてしまい、出禁を食らったという話もありますから、ほんとうに「駆け引き」なのです。